RM LIBRARY (3)
ネコ・パブリッシング

RM LIBRARY 200
日本の展望客車
            (上)
平成28年4月1日発行

B5版 112ページ

定価 2,500 円+税
日本の展望客車について、形式別の詳しい解説をはじめ
歴史・運用・サービスなどを詳しく解説。
上巻では黎明期からの国鉄時代の展望客車20タイプを掲載。
また、代表的な編成記録も掲載しています。
 RM LIBRARY 201
日本の展望客車
            (下)
平成28年5月1日発行

B5版 104ページ

定価 2,500 円+税
日本の展望客車について、形式別に詳しく解説。
下巻では国鉄時代末期(昭和58年)以降に登場した主にJR時代の
ジョイフルトレイン用客車から「ななつ星in九州」の客車までを掲載。
また、少数ながら私鉄にも存在した展望客車についても掲載。
編成記録や車歴表も掲載しています。
 RM LIBRARY 208
現金輸送車物語
タブーとなったマニ34・30形
平成28年12月1日発行

B5版 48ページ

定価 1,250 円+税
現役時代は、用途の特殊性から、構造や運用に関する情報に
厳しく管制がひかれ、秘密のベールに包まれていた現金輸送車。
鉄道での現金輸送が廃止となり、現金輸送車の全貌をまとめた
待望の書籍が発行されました。
微力ながら当サイトでも情報を提供し、編集に協力しております。
 RM LIBRARY 220
特ロのすべて
特別2等車の誕生と盛衰
平成29年12月1日発行

B5版 48ページ

定価 1,250 円+税
占領軍の指示により戦後の日本に誕生したリクライニングシートを
装備した車両。
従来の2等車と区別するため「特別2等車」と呼ばれた。
そんな「特ロ」の車両について、各形式の詳細から運用・編成記録
にいたるまで詳しく解説。
 RM LIBRARY 228
国鉄救援車図鑑(上)
鋼製客車の個性派車両
平成30年8月1日発行

B5版 48ページ

定価 1,250 円+税
救援車とは、災害や事故の際に、復旧のための機材や人員を
運ぶための車両であり、通常は車両基地のはずれにポツンと
留置されていました。
全車が改造車ゆえに個性豊かであった救援車から、上巻では
スエ30・31・32・38 ・ オエ36・61(0代)を中心に詳しく解説。
 RM LIBRARY 229
国鉄救援車図鑑(下)
鋼製客車の個性派車両 
平成30年9月1日発行

B5版 48ページ

定価 1,250 円+税
国鉄救援車図鑑の下巻
オエ61(300・600代) ・ スエ71・78についての詳しい解説のほか、
救援車雑記帳として、実際にどのように使われたのかについても
解説。


夜行列車や旧型客車列車の音や資料を掲載
客車専門サイト「客車列車の旅」はこちらから
現在や過去の夜行列車に関する資料を掲載
全盛期の時刻表データ等も掲載しています