さようなら 交通博物館

入ったらまず正面にあるのがこれ、
交博のシンボル?16番の大パノラマ模型運転場。
 
これも有名、3階まで吹き抜けの大ホール。
「最後の旅客用SL」C57135と、展示の先輩であるマレー式機関車9856が並びます。
見上げれば複葉機とヘリコプターが。
下の9856は、内部構造を見せるために
車体の一部が切り開かれています。
C57135と直角に顔を合わせているのが、
鉄道記念物第1号の1号機関車。
「きかんしゃやえもん」のモデルとなった…
と紹介されています。
「最初」と「最後」の蒸気機関車が並ぶ光景は、
感慨深いものがあります。
page 2/9

presented by 「客車列車の旅」へ