旧型客車の出入台ドア・トイレ洗面所窓形状について

旧型客車の出入台ドアの形状にはさまざまなタイプがあり、形式によって標準的な形状があるものの
変形タイプも多数存在し、また頻繁に交換も行われていたようで、1両の客車に多数の形状のものが
装備されている場合もあります。
また、トイレ・洗面所の窓についても、さまざまな形状が存在します。
ここでは現役の車両(JR各社・大井川鉄道)や静態保存車両として現存する車両に装備されている
ドア・窓を中心に、どのような形状タイプが存在するか紹介します。
これ以外にも変形タイプが存在したようなので、画像等をお持ちの方は管理人に連絡いただけるか
「客車倶楽部」に投稿いただければ幸いです。

出入台ドア形状について
材質
木製
窓位置
標準(低位置・オハ35等標準型)
高位置
ガラス
大ガラス
小ガラス
大ガラス
小ガラス
写真

材質
鋼製
形状
プレスドア
鋼製
ガラス
(スハ43等標準型)
上下2段(中桟付)
上段下降・下段固定窓
写真

材質
鋼製
形状
Hゴム支持
ガラス
標準型・白ゴム
標準型・黒ゴム
大型(縦長)ガラス・白ゴム
大型(縦長)ガラス・黒ゴム
写真

材質
鋼製
形状
Hゴム支持
10系軽量客車使用タイプ
ガラス
スハ44・スハフ43等型
上下2段
上段下降下段固定窓
(10系標準型)
Hゴム支持
(北海道用オハネフ12の一部)
写真


トイレ・洗面所窓形状について
形状
原型
中折
上段下降
Hゴム中折
Hゴム小型
写真

※一部画像は、103列車機関士様・日野実験線様のご提供です。


「客車列車の旅」へ 夜行列車資料館へ  
夜行列車や旧型客車列車の音や資料を掲載
客車専門サイト「客車列車の旅」はこちらから
現在や過去の夜行列車に関する資料を掲載
全盛期の時刻表データ等も掲載しています